おすすめ投稿

ライブスケジュール

ライブおもしろかったよ!

ライブおもしろかったよ!

とか

楽しかった!

なーんて感想をよくいただきます、いやホントありがたいですね。汗だくになってとびはねただけのかいがあるってなもんです。あ、あとよく言ってもらえるのが、

なんか、すごいですね!

みたいな感じです、いやぁ嬉しい限りですね。

もちろんそんなことで調子に乗ったり、いい気になったりはしませんよ。

いい曲ですねぇ、とか、歌うまいですねぇ、とはなかなか言ってもらえないからね、残念なことに。ギターがいいですね、カホンがいいですね、なんてことはほとんど言われないですもん。

ただまぁ言えるのは、人が誉めてるときってのもなんだかんだでつきあいがあって相手のことを気を使って言ってることもあって、額面通りにも受け取れないんだけどね。特にオレがよく使う手法(笑)だと、

演奏うまいねぇ(ライブはつまらんけど)

歌うまいねぇ(曲はつまらんけど)

いい曲だねぇ(歌ヘタだけど)

ギターの音がいいねぇ(リフはかっこよくないけど)

おもしろいライブだったよ(まぁ2回はいらんけど)

雰囲気があるよね(雰囲気だけね)

勢いがあるね(ちゃんと練習しなよ)

といった具合ですね。なのでちょっと誉められたぐらいでは簡単に喜べないので、そこは二度三度と足を運んでくれるようになる方が増えることでしか真実はわからないですよね。

最近とくに石川橋万太郎がおもしろライブを展開してるように思われてる向きもありますが…おもしろさは絶対的に狙ってますよ、ただしおもしろくはあるけど楽曲や歌詞は結構練りに練って作ってるんすよ。ちゃんと心の琴線に触れられる何かを求めてパフォーマンスすることを目指してます。まぁそうやって言うといやらしいけどね、もちろん基本は自分のために自分のことを歌ってるだけなんで、それ聴いて楽しめる人がいたら「アナタは幸せだね」って言ってあげたいだけね、ふふ。

でもやっぱり人前で演奏する限りは、自分だけが楽しいようなステージはしたくないよね、そういう人はいっぱいいるし、それにも増して観客に共感を求めてばっかりの人もたくさんいるし、まぁどっちもオレはないわ、うまく言えないけど。

ヘタでもいいよ、楽しけりゃ、みたいな態度はまったく受け入れられないし、練習したってうまくならんわ、ってのもイヤだし、まぁやれるだけでいいわ、楽しいし、みたいなのも勘弁だね。ちゃんと練習して熟考して、ステージではすべてを振り切って歌いきりたいな、とそう思い直す昨今でございますよ。

同じ年代のミュージシャン(気取り)の人らからすると、よくやってんな、って思われるかもしれんけど、自分なりにやれることをやりきりたいだけなんでね、ま、それはそれでオレの自己満足だけどさ。

安定感

人のライブ見てて思うのは、やっぱ安心して聴いてられるかってこと。
うまいとかヘタとか、まぁそういうことにもなるんだろうけども。
人気があるわけじゃないんだろうけど、何年もの間、全国を回ってたくさんライブをやってる人の演奏はちゃんとしてますね。
もちろんプロとして活動してる人たちもそれなりにしっかりやってますよ。
面白いかどうかは別にして。
で、ちょいちょいライブやってるくらいのアマチュアの人のライブだと、なんかドキドキしちゃう。
あ、高音がひっくり返りそう、とかテンポが速くなってきた、とか頭がずれた、とか違う音鳴らしちゃった、とかそういうのがたまにあったりして。
いや、まぁ全然構わないけどね。
ただいくらかでも聴き入ってるときにそういう事態が一瞬起きると、なんかちょっと醒めちゃうときがあったりして、もう一つ頭から最後まで集中して聴いてられないみたいなとこがあったりして。
きっと自分もそういうライブしてんだろうな。
やっぱ好きで楽しくてやってるんだからそれ以上文句はないだろ、って思うけど、でもそれでも人に聴かせてるうちは多少なりとも面白がってほしいもんね。
っつーことで、ちゃんと練習しよう。
グルーブ感っていうの?心地よく聴き流してもらえるようなノリとテンポを維持することが最低限だよね。
でもって耳に気持ちよく届く歌ね。
たまのミスは愛嬌かもしれんけど、変な不協和音は出さないようにね。
そのためのメトロノームを使った基礎的な練習をしなくちゃね。
今更そんなことやりたくない、自分が楽しく演奏できりゃそれでいい、プロでもないのに何言ってんの、って人はオレとは一緒にやらなくていいや。好きなように宴会芸みたいな演奏をして身内で遊んでてください。
今までそんなふうに基礎練習とかせずにずっとバンドやってきたので、これからもそうそう上手くなることはないかもしれない。
でもだからこそ、残りの時間を真面目にやろうと思ってます。
ま、来年には気が変わってるかもしれんけどね。