作者別: akiller

音楽をやる意義

いや、別に難しいことを言いたいわけではないよ。

例えば、自分がアーティストだとして…

一万人が自分の歌に酔いしれたとしても1円ももらえない状態があったとしよう。もちろん音源も数万人、数十万人が聴き惚れてくれるが決してお金はもらえない。食いっぷちは自分で別の仕事をしなくてはいけない、絶対お金はもらえないけど音楽はやり続けなければいけないっていう状況ね。

次に武道館で人っ子一人いない状況でライブしなきゃならん、でもギャラは一人前もらえる状態ね。音源もバカバカ売れに売れて印税はガバガバ入るけど、その音源を聴く人は誰もいない。絶対誰も聴かないけど音楽はやり続けなければいけないっていう状況ね。

この二択の状況ならどっちを選ぶ?

自分の歌に数万人が狂喜乱舞する姿は見られるけど生涯一切ギャラなし、もしくは生涯誰一人自分の歌を聞いてくれなけどギャラには困らない。

やっぱ気持ちよく音楽活動するなら前者?

聴いた人が感動してくれることで幸せを感じられるから?

極端な例だから何とも言えないけどね、でもオレは後者を選ぶと思う。ギター弾いたり歌ったりするのは楽しい、でも誰かを感動させたりすごいと思わせたいからやってるわけじゃないからね。いや、そりゃオレの歌で気持ちよくなる人がいたらそれはそれでいいと思うし、あぁよかったねと言ってあげたいけど。

重ねて言うが極端な例えだからね、どっちかっつーと後者寄りかなと思うだけでさ。オレの歌でみんなを元気にさせるよーとか勇気を与える歌を歌うぜ、みたいな姿勢のアーティストは大苦手なのは確かだ。

一人きりでこっそりいつまでも音楽をやっててもいいし、でもついでに誰かも喜べるんだったら尚いいね的なスタンスでオレはやってます。

が、しかしライブには来てほしいし音源も買ってほしい(笑)。

草案覚え、そのうちメロつけよっと。

税金ぐらいはとっとと払おう
多少腹は痛むけどさっさと払おう
税金ぐらいでガタガタ言うなよ
誰でもみんな払ってる、当たり前だろ

税金なんかは払えば済むぜ
結構腹は痛むけどマジメに払おう
税金ぐらいで文句を言うなよ
誰でもみんな払ってる、社会のシステム

文句をつけるんなら、使い方の方だぜ
我慢ができないのは、使い方の話さ
能無しのやつらが適当な理由つけて
能無し同士で分け合ってるだけ

消費税 所得税 せいぜい払いな
事業税 贈与税 ぜいぜい息切れ