作者別: akiller

メモ、いずれメロつける

元気が出るような歌なら歌わない
誰かを応援したり慰めるような
歌い手はみんな歌うよ
頑張れとか頑張んなくてもいいよとか
じゃあ一体どうしろってんだ?
なんの流行りなのか
なんかの呪文なのか
いい事言えば心地良いのか?

安心するような歌なら歌わない
仲間や絆を大切にするような
歌い手はみんな歌うよ
何より大切なのは仲間なんだとか
仲間以外はどうしろってんだ?
なんの流行りなのか
なんかの呪文なのか
いい事言えば心地良いのか?

感動させるような歌なら歌わない
意図して泣かせてしまうような
歌い手はみんな歌うよ
ホントの気持ちに気づいたんだよとか
自分のこともわからんのか?
なんの流行りなのか
なんかの呪文なのか
いい事言えば心地良いのか? 続きを読む

生かされている!

いや、オレは自分の意思を持って生きている。

そりゃ何回も自殺を図るもなぜか生き残ってしまう、とか九死に一生を得たとすれば、生かされていると実感するかも知れんけど。

これまでにそういう経験がないからねぇ…。

もしかしたら気づいてないだけで死と隣り合わせにいたかもだけど、そういう仮定には何とも言いようがないしね。

だとしたら、やっぱり強固な意志を持って生きてるって言ったほうが、その生き様にも責任が持てるような気がする。

生きるために事故や怪我に細心の注意を払ったり、快適な食生活、人間関係を築く、ってことも意志を持って生きようとするための必要事項だとも思う。

なんか神がかり的な言い草や考え方は、ときとして無責任で他人事のように捉えてるように見えちゃうときがあるよね。

そういう生き方はつまらん。

そりゃ人智を超えた大きな存在があるかもしれんし、あったほうがロマンはあるんだけど…バカの一つ覚えみたいに誰も彼もがありがたそうに、生かされている、とか言ってるのを見るとシラケてしまうものです。

ま、考え方は人それぞれ、己の信じる生き方をしていけばいいんだけどね。